リフォーム業者選択のチェックポイント

      このエントリーをはてなブックマークに追加

リフォームの必要性

リフォームには大きく分ければ家の老朽化が原因で行うものと、デザインなどが気に入らなくて変えたいということを理由に行うものの2つがあります。

当然前者は家を守るためには必要不可な工事であり、後者は絶対にしなければいけないものではありません。

せっかく建てたマイホームに長く快適に暮らしていくためには、これだけは最低限はしなければいけないリフォームは必ずあるので、持ち家を持っている方はリフォームの必要性について十分に理解して下さい!


リフォームが必要になる時期

 

ここで気になるのは新築してどのくらいしたらフォームの準備をすればいいかということですが、一般的には新築後5年したら一度は家全体を点検したみた方がいいでしょう。

使用する材料や工法などによってリフォームが必要になる時期は異なりますが、一般的に住宅に不具合がではじめるのは5年後くらいからです。

この時にリフォームが必要であればもちろん工事をした方がいいのですが、実際にリフォーム工事が必要になるのは新築後10年ほど経過してからです。

最近では家を建てる技術も高まり、住宅建材や設備も良くなり、耐久性が良いものが増えていて、30年保証や50年保証付きの建物も目立っていますが、長期保証付きの建物でも、最初の点検は10年目になっているケースがほとんどです。

10年〜15年経つと外壁や屋根の塗装が必要になるのが一般的で、何もしなくても30年も50年も建てたままの状態に保てる家は今のところは存在していないといっても言い過ぎではありません。


5年目、10年目の点検

 

5年目、10年目の点検は、よほど住宅に関して知識がある方以外は、家を建設したハウスメーカーなどのプロの業者に依頼した方がよく、住宅は目に見えない部分のリフォームが必要な場合が多くなっています。

屋根の塗装にしても、実際に屋根の上に登らなければそのような状態か把握することはできなく、素人が屋根に登ることは危険でもあるので、よほどの事情がない限りは業者さんに任せるようにして下さい。


また実際にリフォームが必要な場合も、大抵はプロの業者さんでなければ施工をすることは難しいため、趣味で日曜大工をしている方でも、よほどの知識がない限りは、多少の費用がかかっても専門の業者さんに依頼することをおすすめします。


実績多数の地域密着型リフォーム専門店:千葉・柏市のリフォーム「ドリームリビング」

Pick-Up Topics

リフォームがしやすい木造住宅

 

また木造住宅はリフォームを行う場合に、間取りなどの空間設計の自由度が高いのが非常大きなメリットで、鉄骨住宅の場合は木材を使用している場合と異なり、リフォーム工事を自由にできないという大きなデメリットがあり、さらに鉄鋼住宅の場合はリフォーム工事ができる工務店も極端に少なくなるので、その点でも木造住宅の方がリフォームには向いていることになります。

さらに木造住宅は、鉄骨住宅に比べて建設費用が安くすむ傾向にあり、リフォーム工事を行う際にも、工事費を安く抑えることができることになります。

「リフォームがしやすい木造住宅」の続きはこちら

リフォームやリモデルを行う時の注意点

 

住まいをもっとお洒落にしたりもっと過ごしやすくするために、多くの人たちがマイホームをリフォームやリモデルしていますが、その場合は後悔しないように最初からきちんと計画を立てて、最終的な仕上がりを事前に確認しておく必要があります。

有り余るほどのお金を持っている人であれば、安易な気持ちで何度でもリフォームやリモデルをしても構わないのでしょうが、それほどお金に余裕はない人たちは、無駄な工事は絶対に行わないように、最初に自分が思い描く設計図を業者さんにしっかり伝えて、それを実現してもらうようにしましょう。

「リフォームやリモデルを行う時の注意点」の続きはこちら

外観のリフォームの必要性について

 

リフォーム工事と言えば家の中の工事を想像する人も多いと思いますが、家を新築して最初にリフォームが必要になるのが外観のリフォームです。

家の中身のそうですが、住宅を新築して何年も経過すると、最初は綺麗だったのに、だんだんとその美しさが劣化していきます。

家の内部は直接雨風にさらされることはありませんが、外壁や屋根というは常に外気に触れているため、特に劣化が早くなり、リフォーム工事が必要になる年数も短くなっています。

昔と比べて最近では外壁や屋根に使用する材料も品質が良くなってきているため、劣化の進みも遅くはなっていますが、それでも10年以上もすれば外観の鮮やかさは失われてしまい、見た目も暗い感じになってしまいます。

「外観のリフォームの必要性について」の続きはこちら